まつげパーマ@情報館



まつげにかかる負担


まつげパーマがまつげにいい、というお話をしましたが、
まつげパーマをしなければ、まつげにはどのような負担
がかかっているのでしょうか。普段のまつげの状態は
どのようになっているのでしょうか。ここでは、まつげ
にかかっている負担について考えてみましょう。

通常、まつげパーマをしていないときには女性はメイク
のときにビューラーを使うと思います。マスカラをするに
してもカールしていないまつげにしても目元がぱっちりし
ません。目元に効果的にマスカラを使うためにもビューラー
は欠かせない道具だと思います。ただビューラーを使うと、
まつげは折れてしまったり、切れてしまったり、抜けて
しまうことが実に多いのです。

一日カールをもたせることは、ビューラーではなかなか
難しいので、昼や夕方にメイク直しをするときに何度も
ビューラーを使うことになるのではないでしょうか。
そのたびにまつげには負担をかけていることになるのです。

まつげの本数はどの程度か知っていますか。人種によって
も差があるといわれていますが日本人では平均して100本
といわれています。そして寿命は1ヶ月〜3ヶ月と短く、
生え変わりが早いので、カットをする必要がなく抜けて
いくサイクルになっています。こうしたサイクルのまつげ
に過度な負担をかければ、サイクルが早まり、抜けやすい
状態になってしまう、ということは想像できますね。

こうした状況をできるだけ回避するためにも、まつげに
余計な負担はかけたくありません。ですから、まつげ
パーマでまつげに負担をかけることなく、パッチリした
目元を手に入れたいと思う人が多いのではないでしょうか。

[PR]インフラエンジニアへ転職したい方へ

当サイト人気コンテンツ


   ★ さかさまつげの人は
   ★ まつげにかかる負担
   ★ 誰でもかけられるの?
   ★ まつげが短くても平気?
   ★ トラブルについて
   ★ 自宅で行う場合は