まつげパーマ@情報館



まつげパーマを思い通りにするために


まつげパーマは美容院やエステサロンなどで手軽に受けら
れる施術です。まつげをカールさせることができ、1ヶ月程度
もたせることができます。ビューラーを使って1日に何度も
まつげをカールさせるのはまつげが抜けることもあり、負担
も多くかけてしまうことになります。

ですから、まつげパーマで1ヶ月程度もたせることができる
のであれば、まつげのためにもいい、ということになりますね。
でも、まつげパーマの施術を受けた人からは、こんな後日談
を聞くこともあります。まつげパーマがカクンと折れ曲がった
ようにかかってしまった、とか、毛先だけがクルンとなって
いるまつげがある、などです。

カクンと折れ曲がったようにかかってしまう原因はやはり
ロッドが合っていない、ということがあるようです。最近は
簡易まつげパーマの形式もあり、ビューラーのような機械に
まつげをはめて、ロッドにまつげを巻きつける時間を短縮
して行う場合もあります。

ただし、やはりこの形式では、機械のカールに自分のまつげ
が合っていない場合には思い通りのまつげパーマにならない
場合もあります。ですからカウンセリングの際にどのような
方法を使うのか、ということをしっかりと聞いておく必要が
あるでしょう。

また、毛先がばらばらになったり、毛さきだけがクルンと
なってしまうような状態は、施術する人の技術に問題がある
場合もあります。ロッドに毛先を接着させていくまつげ
パーマの場合、1本1本丁寧にロッドに貼り付けていく必要
があります。この技術が未熟であると、仕上がりがまとまら
ないこともあるのです。まつげパーマの施術を受ける時には、
熟練した人の施術であるかどうか、ということも確かめられ
るといいですね。技術が確かな人にやってもらうことで、
トラブルも回避できるのではないでしょうか。まつげパーマ
の仕組みはよく知り、疑問に思ったときはすぐにたずねて
みる、ということも必要です。


当サイト人気コンテンツ


   ★ さかさまつげの人は
   ★ まつげにかかる負担
   ★ 誰でもかけられるの?
   ★ まつげが短くても平気?
   ★ トラブルについて
   ★ 自宅で行う場合は